中級者必見!ワンランク上のギタリストになるために必要なこと

ただ漠然と「良いギタリストになりたい…」そう考えていても具体的のどうすれば良いのかわからず、悩んでいるという方も少なくないようです。そこで、当サイトではワンランク上のギタリストになるために必要なことをお話してみたいと思います。 - 最初からオリジナリティを求めすぎることの危険性

最初からオリジナリティを求めすぎることの危険性

世界中で活躍しているトップギタリストの多くは、そのサウンドやプレイスタイルに他のギタリストにはないオリジナリティを持っています。
この点からも、良いギタリストになるためには、自分だけのオリジナリティを持つことが非常に大切なことである、ということがわかるでしょう。

しかし、その一方で最初からあまりにオリジナリティにこだわってしまうと、サウンドメイクにしても、プレイ面においても、成長を妨げることになってしまうかもしれません。

◆偉大なギタリストのマネをすることも大切
エレキギターの革命児として知られるエディ・ヴァン・ヘイレンは若いころ、彼のギターヒーローであるエリック・クラプトンのプレイを必死にコピーしたと言われています。
このように、偉大なギタリストのコピーやマネをすることが、そのギタリストの成長を助けてくれるというケースも少なくありません。

マネをすることによってオリジナリティが失われてしまう…そんな心配をしている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、最初からオリジナリティを求めるばかりでは、せっかく偉大な先人が残してくれたサウンドメイク方やフレーズの作り方を学ぶことができず、成長を妨げることになってしまうのです。